電子ジャーナル DB

電子ジャーナル・データベース利用について

電子ジャーナル・データベースなどの利用対象者は、原則「本学の学生及び教職員」です。 電子ジャーナル・データベースの利用にあたり、次の事項は禁止されています。

  • 電子ジャーナル・電子ブックで提供される全ての情報は著作権法により保護されています。
  • 著作権はそれぞれの著作者ないしサービスの提供者等に帰属します。
  • 利用者は、個人の調査・研究目的の必要な範囲内で、ダウンロード・プリントアウトをすることができます。個人利用の範囲を超えた大量のデータのダウンロード、プリントアウトは行わないで下さい。 特にプログラム等を利用しての自動的な大量データのダウンロードは厳禁とされています。
  • データを著作権者の同意なしに、配信または多量コピーし他人に配布すること、また報告書や書籍などへ使用することは禁止されています。

上記事項が守られない場合は契約違反となり、大学全体の利用が停止される場合があります。


膨大な論文情報の中から簡単に目的の論文をさがすことができます。 学協会誌や研究紀要の論文本文の閲覧や、リンクにより他サイトの本文などの参照もできます。

プロクエスト社の主要デ-タベ-スを1つのソースに統合した、最も包括的なコレクションであり、プロクエスト社提供の19,900誌以上を収録し、13,300誌以上をフルテキストで提供しています。 また、雑誌以外のコンテンツも幅広く収録しています。 (380紙以上の新聞フルテキスト、約56,000件の学位論文のフルテキスト)

検索マニュアル

○構成する主なコレクション

      • Proquest Academic Research Library
        幅広い分野をカバ-し、全学部をサポ-トできる学際的なデ-タ-ベ-ス

        • 5,000誌以上の雑誌の書誌・抄録
        • 3500誌以上の全文雑誌

        主に以下の分野収録
        Education, Humanities, Multi-Cultural, Child Development Studies etc

      • Proquest Social Science Journal
        収録分野:コミュニケ-ション学、心理学、社会学 など
        収録タイトル数:570誌以上(全文収録誌 340誌以上)
      • ProQuest Religion
        宗教研究、神学研究、宗教史、宗教に関連する哲学や倫理学についての200誌以上の国際的な学術誌、宗教関連出版社、研究機関発行の文献情報を収録するデータベースです。大部分の記事は全文まで閲覧可能です。
      • ProQuest Dissertations and Theses (PQDT) A&I
        1861 年から現在に至るまで、北米を中心に世界中の270万件以上の学位論文の索引情報を収録するデータベースです。 1980年以降の論文は冒頭から24 ページ分の全文をPDFでプレビューできます。 対象分野に関する広範な研究史、論点の把握のためにも欠かせない情報源です。
      • ERIC
        アメリカ教育省・国立教育学図書館が制作した、教育額全般における基本的な二次情報データ-ベ-スです。(正式名称:The Educational Resource Information Center) 1,000誌以上の教育学雑誌、または教育学関連誌からデ-タを収録しています。(更新頻度 Monthly)
      • MEDLINE
        NLM(National Library of Medicine)が製作する医学の基本的デ-タ-ベ-スです。 約5,200誌の医学系雑誌のインデックス・抄録情報を提供します(更新頻度 Daily)
Proquest Centralはご自宅からでも利用可能です。 アクセスに必要なUN/PWを発行いたしますので図書館へお問い合わせ下さい。
   対象 : 本学の学生及び教職員

SciVerse ScienceDirect(サイバース・サイエンスダイレクト)は、エルゼビアが発行する約2,500誌以上の電子ジャ-ナルと15,000件以上の電子ブックを搭載する世界最大のフルテキストデ-タベ-スです。 なお 当学院の契約タイトルは以下の2タイトル(2007年以降のフルテキストにアクセス可能)ですが契約外タイトルでもフルテキスト、アブストラクトが閲覧可能な雑誌・電子書籍類が数多くありますので、ご利用下さい。

【お問い合わせ先】

<図書課> ・Tel : 098-946-1236 ・E-mail : toshokan@ocjc.ac.jp

 PAGE TOP