入試制度<AO入試>

沖縄キリスト教短期大学

AO入試

本学のAO入試は、書類審査・面接等を通し、本学で学ぶ意欲と適性を備えているかどうか相互理解するために設けられた制度です。本学の教育方針を十分理解し、ここで学ぶという意欲に溢れ、入学後も引き続き目的意識を失わず自己の向上に努める学生を求めています。AO入試は、本学のアドミッションポリシーが重視されます。 原則として、本学のオープンキャンパスや本学職員による入試説明会(各種入試ガイダンス等でも可)に参加すること。

AO入試対策講座

沖縄キリスト教短期大学のAO入試は、書類審査と面接に加えて、英語科は、90秒の英語スピーチと英語によるQ&A、保育科は、2014年度から小論文を廃止し、高校生活での学びを重視する面接試験に変更しました。オープンキャンパスでは、英語スピーチ対策講座を実施し、学びのヒントとチャンスを提供することで皆さんの学びを全力で応援していきます。保育科の個別相談では一人ひとりと丁寧な面談を心がけています。短大の学びはAO入試の準備から始まっているのです。入試に向けて準備をすることは、皆さんの短大生活のスタートです。

入学前教育

「大学入学前教育」とは、4月からの大学生活に備えるため、スクーリングや課題を通して行う学びプログラムのことです。高校教育から大学教育への橋渡しともいえます。英語コミュニケーション学科や、英語科では「ブリッジプログラム(Bridge Program)」と呼んでいます。また英語科では、3月に3日間「Introduction to English Study」と題して、4月からの学びにスムーズに入れるよう、辞書参考書の使い方、オーラル・イングリッシュの心構え、LL教室の利用方法など、入学前集中講義も提供しています。大学とは、自由と責任の下に、さまざまな出会いと対話を通して自己プロデュースをする場です。自分の可能性を拓き、それぞれの夢に向かって挑戦してください。皆様の大学生活が喜びに満ちたものとなるよう、私たちは、全力でサポートいたします。

AO入試合格者の入学前教育(例)

【英語科】
  • 「集団自決を心に刻んで」(金城重明)の本学創設の経緯についての箇所を読み感想文を提出する。
  • 基礎的な英文法の問題を解き、HPに後日掲載される解答を見て、英文法書などで復習しておく。
 
【保育科】
  • 「集団自決を心に刻んで」(金城重明)の本学創設の経緯についての箇所を読み感想文を提出する。
  • 新聞スクラップを利用し、自分の意見をまとめ提出する。
  • おもちゃや絵本の製作、ピアノ演奏、ダンス創作、身近な動植物を調べるなど、自由に課題に取り組む。入学直前に専任教員ならびに他のAO合格者の前で発表を行う。

※詳細については、学生募集要項でご確認ください。

 PAGE TOP