在学生の声<保育科>

どんな子どもにも真っ直ぐに向き合いたい。それが僕の理想とする保育者の姿です。

在学生:永山 大輔

永山 大輔

保育科 2年次|コザ高校出身

僕は高校生の頃のインターンシップがきっかけで保育士の道を志しました。現在は学童でアルバイトをしており、子どもたちへの声かけなど、「伝える」ことの難しさを肌で感じています。本学で学ぶうちに、どんな子どもにも保護者にも真っ直ぐに真心で接する保育者になるという目標ができました。

 

保育士と幼稚園教諭。それぞれの魅力を知り、将来の選択肢が大きく広がりました。

在学生:城間 涼見

城間 涼見

保育科 2年次|首里高校出身

保育士である母の姿を見て、この仕事に興味を持ちました。入学後は幼稚園でボランティアを体験し、子どもと会話ができる楽しさや幼児教育の素晴らしさを実感。幼稚園教諭にもなりたいと視野が広がりました。私は公立での就職を希望しています。苦手分野を克服するため、早い時期から学内の対策講座を受講し、現役合格を目標に頑張っています。

 

PAGE TOP