異文化コミュニケーション学研究科

教授
新垣 友子(ARAKAKI, Tomoko)
取得学位、大学・機関、取得年 獨協大学大学院外国語研究科博士前期課程 修士 1995
英国エディンバラ大学大学院言語学科博士課程修了 博士(Ph.D.) 2011

プロフィール

研究分野 人が言葉を発する際、その発言の根拠はどこにあるのだろうか。話者が実際に見たのか、誰かから聞いたのか、推測したのかなど発言の根拠を示す文法範疇をエヴィデンシャリティー(証拠性)という。エヴィデンシャリティーの体系や、テンス・アスペクト・モダリティーとの相関関係について、または発話が行われる際のコンテキスト、人間関係、情報の新旧との関係など幅広く興味を持っている。主に琉球諸語の記述文法が研究テーマであるが、ここ数年は英語や日本語はもちろん、若者言葉やウチナーヤマトゥグチ等、様々な地域変種、社会変種の体系や、危機に瀕した琉球諸語の言語復興、言語継承とアイデンティティ、言語権やバイリンガル教育など社会言語学的側面にも関心をもっている。

When people state something, what kind of reasoning are their statements based upon? Has a speaker witnessed an action or an event? Has a speaker heard something from someone? Or, did a speaker make an inference based on certain grounds? The grammatical category that indicates this kind of information is known as “evidentiality.” I am interested in the system of evidentiality, and also its correlation among tense, aspect, and modality. Besides, these areas, I am also interested in wider topics such as relations between statements and context, language style choices that signal the various levels of human relations. My research interests are mainly focused on descriptive studies of Ryukyuan languages, English, and Japanese, but lately I am also interested in sociolinguistic issues, such as language revitalization, linguistic diversity, identity, and language rights.

研究職歴等 沖縄キリスト教学院大学人文学部英語コミュニケーション学科准教授 2012年-
沖縄キリスト教学院大学人文学部英語コミュニケーション学科教授 2018年-
沖縄キリスト教学院大学大学院異文化コミュニケーション学研究科教授 2018年-

担当科目 社会言語学特論

研究活動業績

研究業績(主要論文・著者)
  • 琉球諸語・沖縄語における証拠性 ―伝聞証拠 -Ndiの非言語化現象―『沖縄キリスト教学院大学論集』第15号1-11. (2018)

  • 英文法における認識的モダリティ指導の課題 ―地域言語の文法体系の影響―『沖縄キリスト教学院大学論集』第14号15-24.(2017)
  • 「琉球諸語復興のための言語計画−言語権をめぐる国際的動向と現状−」『沖縄キリスト教学院大学紀要第13号37-46.(2016) 新垣友子・島袋純

  • “Ryukyuan language: An orphan to be ignored?” in OGMIOS 60. 8-11. Foundation for Endangered Languages (SOILLSE 2016) Tomoko Arakaki & Jun Shimabukuro
  • “A Comparative Study of the Evidential/Epistemic Markers: hazi in Ryukyuan, hazu in Uchinaa-Yamatuguchi, and hazu in Japanese” in Okinawa Christian University Review No.12, 15-27 (2016)

  • “The tense-aspect-mood systems of the Ryukyuan languages” in Handbook of the Ryukyuan Languages (Patrick Heinrich and Shinsho Miyara eds.) Mouton de Gruyter (2015)
  • Evidentials in Ryukyuan: The Shuri Variety of Luchuan −A Typological and Theoretical Study of Grammatical Evidentiality” (Brill's Studies in Language, Cognition and Culture,4) Leiden・Boston:Brill (2013)
  • 「琉球における言語研究と課題」 『琉球諸語の復興』 沖縄大学地域研究所編  東京:芙蓉書房出版13-29 (2013)
  • Evidentials in the Shuri Dialect of Luchuan (Ryukyuan)” The University of Edinburgh Ph.D. dissertation (2010)
  • “Evidentiality in Luchuan -the Direct evidential of Shuri dialect-” in Okinawa Christian University Review No.6,11-24 (2009)
  • 「『旧正と大晦日の思い出』における敬語表現の研究」『放送記録テープによる琉球・首里方言:服部四郎博士遺品』伊豆山敦子編 東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所 65-89 (2006)
  • “A Grammatical Study of Luchuan ―Focusing upon the verb forms in Shuri Dialect―” in Studies on Luchuan Grammar (A. Izuyama ed.) (Endangered  Language of The Pacific Rim 文部省特定領域研 日本班報告書)大阪学院大学 163-216 (2003)
  • “Aspect and Modality in Luchuan−In Case of the Shuri Dialect−” in University of Edinburgh Postgraduate Conference proceedings (2000)
  • ほか。

翻訳 「日本の琉球諸語と韓国の済州語の国際標準に向けて」マディアス・ブレンツィンガー著(新垣友子訳) 『目指せ、琉球諸語の維持』 ココ出版,東京 (in press)

インタビュー等 “It's not Simply About Language ? It's About How We Want to Live. Tomoko Arakaki and Shinako Oyakawa (Interviewed by Patrick Heinrich)” In Language Crisis in the Ryukyus (Mark Anderson and Patrick Heinrich eds.) Cambridge Scholars Publishing,322-334 (2014)

社会活動等
  • 西原町文化講座講師2009
  • 沖縄口普及協議会 2000-現在
  • 琉球継承言語研究会 2011-現在
  • 沖縄キリスト教学院同窓会評議員 2017-現在
  • 沖縄タイムス『週刊ほーむぷらざ』 「宝言葉しまくとぅば」執筆者 2017-現在
所属学会
  • 日本言語学会
  • 日本語学会
  • Foundation for Endangered Languages
  • 社会言語科学会
一言大学院での学びは、社会と言語の関係、地域のバリエーション、琉球諸語の現状と復興など様々な分野に広がります。英語はもちろん、日本語や琉球諸語を深く観察することで多様性理解にも繋がります。

BOOKS