保育科 アセスメント・ポリシー

アセスメント・ポリシー

  1. 保育科が開設する授業及び実習や研修等の学外活動における「学習成果」の到達度を成績評価、授業評価アンケート等の方法を用いて客観的に査定する。
  2. 学生の「学習成果」に対する分析及び学科の三つのポリシーの点検結果をPDCAサイクルに反映させることで、内部質保証を継続的に行う。
  3. 「学習成果」を学生や地域社会に向けて可視化し、外部評価を受けることで、学科の授業、教育課程及び三つのポリシーの点検・改善を行う。

教養教育のアセスメント・ポリシー

  1. キリスト教関連科目の成績評価(月曜礼拝出席評価も含む)、「学生による授業評価アンケート」等を用いて建学の精神及び「キリスト教の理解」の到達度を査定する。
  2. コンピュータ・リテラシーの成績評価、「学生による授業評価アンケート」等を用いて、学生の「情報リテラシー」の到達度を査定する。
  3. 「日本語表現」関連科目、「自然科学」科目の成績評価、「学生による授業評価アンケート」等を用いて学生の「批判的・論理的思考力」の到達度を査定する。
  4. 本短期大学が提供する教養科目のGPA、「学生による授業評価アンケート」、「学生満足度調査」等を用いて、「各学科の専門分野に対する教養教育の貢献」の到達度を査定する。

 PAGE TOP