先生を目指すあなたへ

高校・中学校の英語教諭一種免許状を取得し、夢をつかんだ先輩たちに迫ります。

31_kyouin

【左から】阿波根 昌吾(2019年3月卒業|陽明高校出身)、奥原 輝(英語コミュニケーション学科4年次|宜野座高校出身)、高良 汐音(2019年3月卒業|コザ高校出身)
【右から】金城 絵玲奈(2019年3月卒業|名護高校出身)、城間 安菜(2018年3月卒業|知念高校出身)、新屋 結佳李(2019年3月卒業|高校卒業認定)

【MC:左から】大城 直人 准教授、照屋 信治 教授

高校生のときから先生を目指していた先輩もいれば、入学後に先生になる夢を見つけた先輩もいて、その経緯は人によってさまざま。講義に教育実習にと忙しいけれど充実した学生生活を送り、教職課程を取りながら社会的な視野を広げています。

照屋教授 先生を目指したきっかけは何ですか?

阿波根 高校の数学の先生がとても気さくな方で生徒にとても慕われていました。ただ優しいだけでなく、みんなのお母さんのように注意してくれて、進路や学校生活の相談にも乗ってくれました。その先生のように、生徒のことを親身になって考えることができる教師になりたいと思ったのがきっかけです。
高良 私はもともと客室乗務員になりたくて、英語を勉強するために大学に入ったのですが、教職課程を取る中で、いろいろな知識が増えていき、面白そうだと思いはじめて目指すようになりました。
金城 高校生のときの国語の先生が、理解しにくいところがあると根気強く教えてくれて、こういう先生になれたら生徒にとっていいんじゃないかなと思ったからです。
奥原 大学に在学している間に何か資格を得ることができたら将来の自分の強みになるのではないかと考えました。

29_kyoin02

照屋教授 では将来どんな先生になりたいですか?

新屋 生徒に英語の楽しさを伝えられる教師。楽しく学べる授業ができる教師が目標です。
奥原 まだ考え中ですが、もし教員になるのであれば、日々良い授業を作る努力を怠りません。
城間 小学校5年生のときに出会ったALTの先生がとても素敵な方でした。それから外国語が好きになったので、私も誰かに夢を持つきっかけを与えられる存在になりたいです。

大城准教授 授業で印象に残っている出来事はありますか?

金城 模擬授業を5回行って、一度も満足できた模擬授業はなかったけれど、教育実習の土台作りになりました。他の学生の授業を見て学ぶこともたくさんありました。
阿波根 講義を通して、これまでお世話になった学校の先生方は、こんなに勉強していて、生徒のことを考えてくれていたのかと、先生方の苦労を知ることができました。
新屋 私も模擬授業が印象に残っています。それまで学んできた理論や知識を使って授業を作り上げるのは大変な反面、とても楽しくて達成感も大きかったです。この授業のおかげで教育実習でも自信を持つことができました。

29_kyoin01

大城准教授 教育実習での感想を教えてください。

高良 ただ全力でやるしかなくて自分の力不足を感じ悔しい思いもしたけれど、今思えば自分自身が一番成長できた時間だったと思います。
阿波根 まだ先生になっていない自分たちが授業をするということは生徒たちの学びの場を貸していただいているという意識があったので身の引き締まる思いでした。周りからは先生って忙しいんでしょ?とか言われると思うんですけど、教員になる前に実際に自分が先生になって、現場を見ることができたというのは非常にいい経験になりました。
金城 とても楽しかったです。最初は緊張や不安9割、楽しみ1割で、現場では思い通りにいかないこともたくさんありましたが、それよりも毎日生徒と楽しく過ごせた充実した日々だったという印象の方が大きいです。
奥原 忙しさも苦にならないほど毎日楽しく過ごすことができました。生徒が可愛くて仲良くなれて、最後には「さよなら会」を開いてくれたのは本当に感動しました。

29_kyoin03

照屋教授 介護等体験はどうでしたか?

阿波根 介護老人保健施設や特別支援学校での体験を通して、高齢者や障がいを持つ方が必要とする介護や援助について学び、成長することができました。この体験を教員になったときに活かしたいです。
金城 私は特別養護老人ホームで介護等体験をしました。ほとんど利用者さんたちとお喋りを楽しんでいただけのような気がします。利用者さんから名前、年齢、出身地を何度も聞かれては答えての繰り返しでしたが、それを毎日繰り返す中で、少しずつ会話の内容が増えていくのを実感できたときはとても嬉しかったです。
城間 今後、教員を目指すうえで大事なことを学んだだけでなく、人生においてとても大切なことを学びました。

照屋教授 これから教職を検討している学生の方へアドバイスをお願いします。

新屋 教職は大変なこともありますが、やった分だけ成長を実感できます。先生方もサポートしてくれるので、教職メンバーと共に助け合いながら高め合っていくことができます。
高良 私はこの大学に入ったとき教員志望ではなかったのですが、教育実習や介護等体験など教職を取っていないとできない貴重な体験ができたことがとても良かったです。教員になろうか迷っている人は、選択肢が増えるので教職課程を取ってから考えてもいいと思います。
阿波根 教員は人間の成長に携われる魅力的な仕事です。教育の目的や人間の発達と心理、学習の仕組み、そして現代の学校・教育の課題など幅広いテーマが扱われることも魅力です。今日の教育が、個人の明日をつくり、社会の未来をつくると思います!
大城准教授 教えることは最大の学びと言えます。教職を学ぶことで、学びの本質を知ることができます。知識基盤社会にあっては、生涯学び続けることが不可欠。教職を履修することで、生涯にわたって有益な、資格取得以上のものを得ることができると思います。
照屋教授 教職を目指すと履修する授業数も増えて忙しくなります。
しかし、その分、深い学びも得られます。ぜひチャレンジしてみてください。

>>教職課程へ

PAGE TOP