英語コミュニケーション学科 三つのポリシー

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

  1. 自己と他者を尊重する心をもって、積極的に相互理解を図り、平和を創造するために共に歩むことができること
  2. 高度な英語運用能力とコミュニケーション能力を身につけていること
  3. 幅広い教養に育まれた論理的思考と批判的精神を駆使し、グローバル化する社会の課題に向き合えること
  4. 地域社会と国際社会の課題を深く理解し、その一員として主体的に行動・貢献できること

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

  1. キリスト教関連科目や初年次教育、英語を使ったディスカッション・ディベートの授業、3・4年次の論文執筆・共同プロジェクト、異文化コミュニケーション等の科目をとおして、自己受容と他者への共感力を養い、他者と平和的関係を築くためのコミュニケーション能力を育む教育を行う。
  2. 初めの2年間のオーラル・文法/作文・講読の英語コア科目から上級ライティング、翻訳通訳まで4年間をとおして「汎用的技能」として英語能力を高める。CEFR等のルーブリック方式を活用した客観的基準で評価できる英語コミュニケーション力を養う教育を行う。また英語によるプレゼンテーション能力・自己表現力・情報発信力を育む教育を行う。
  3. 国際平和学、インターンシップを含めた社会学習、実践的なコミュニケーション能力を涵養する多様な教養科目をとおして、高度にグローバル化していく世界で協働・行動するための能力や判断力を育む教育を行う。
  4. 沖縄研究、異文化理解、海外研修・実習、ビジネス関連科目等をとおして、グローバル化する世界の中で地域社会の多様化・流動化に対応するための知識と行動力を養う教育を行う。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

  1. 本学の「建学の精神」と社会的使命に賛同し、その実現に向け共に歩む者
  2. 英語をマスターするための努力を惜しまず、英語を使って社会で活躍したい者
  3. 英語など主要科目において一定の知識や技能を有している者
  4. 自分の考えを表現し、他の人の意見を聞くことにおいて適切な思考力と判断力が発揮できる者
  5. 様々な課題に主体的に臨みつつ、他者と力を合わせることができる者

 PAGE TOP