異文化コミュニケーション学研究科

准教授
仲里 和花 (NAKAZATO, Kazuka)
取得学位、大学・機関、取得年 学士号、フィリピン女子大学、社会福祉学専攻、1998年
修士号、クレアモント大学院(米国)、宗教学部女性学専攻、2003年
博士号、琉球大学大学院、比較地域文化専攻、2016年

専門分野異文化コミュニケーション学、社会言語学

プロフィール

研究分野在沖フィリピン人女性の異文化適応、沖比国際結婚夫婦間コミュニケーション、在沖フィリピン人女性のDV・離婚問題

研究職歴等

沖縄キリスト教学院大学 人文学部 英語コミュニケーション学科 准教授 2016年-
沖縄キリスト教学院大学大学院 異文化コミュニケーション学研究科 准教授 2017年-


担当科目

異文化コミュニケーション学特論Ⅰ
異文化コミュニケーション学特論Ⅱ
異文化コミュニケーション学特別演習Ⅰ
異文化コミュニケーション学特別演習Ⅱ

研究活動業績

研究業績
  • 修士論文 “A Feminist Theoretical Analysis of Man’s Violence against Woman in Intimate Relationships”, 2003年
  • 紀要論文 「ドメスティック・バイオレンス―フェミニズム理論からの分析」、沖縄大学人文学部紀要、第12号、2011年
  • 学術論文 「沖縄県在住フィリピン人女性の生活実態調査」、九州コミュニケーション研究、第11号、2013年
  • 学術論文 「日比国際結婚のフィリピン人妻のDV・離婚に関する一考察―沖縄県A市在住者の事例を通して―」、異文化間教育、41号、2015年
  • 学術論文 「日比国際結婚夫婦の葛藤課題とその調整過程―沖縄県の事例から―」、Southern Review, No. 29、2015年
  • 博士論文 「在沖フィリピン人女性のアイデンティティと沖比国際結婚夫婦間コミュニケーションに関する研究―社会的構築主義の視点から―」、琉球大学大学院、2016年
  • 紀要論文「海外研修に参加した大学生の異文化コミュニケーション能力―2016年度ハワイ研修参加学生の事例から―」、沖縄キリスト教学院大学論集、第14号、2017年10月
  • 学術論文「在沖フィリピン人女性のジェンダー観と沖比夫婦間コミュニケーション」、Southern Review, No.32、2017年
  • 紀要論文「在沖フィリピン人女性の多元的アイデンティティ」、沖縄キリスト教学院大学論集、第15号、2018年3月
社会活動等
  • 沖縄YWCA
所属学会
  • 日本コミュニケーション学会
  • 異文化間教育学会
  • 沖縄外国文学会騒ぐ
  • 「女性・戦争・人権」学会
一言 グローバル化社会を迎え、私たちの周囲では、ますます、文化、価値観、考え方の異なる人々との接触機会が増加しています。私たちは異質な他者とどのよう向き合い、他者のことを理解し受け入れ、相互に違いを乗り越えてわかりあえることができるのでしょうか。他者と共生し平和な社会を構築していくために、私たちはどのような異文化コミュニケーション能力を培っていけばいいのか一緒に考えてみませんか。

BOOKS