沖縄キリスト教学院 Okinawa Christian Institute  
受験生の方へ 大学 大学院 短期大学 卒業生の方へ 学院概要 HOME
入試情報 就職・進路サポート 国際交流 学生生活 学び応援プログラム 情報の公表 研究活動 図書館

みんなの声 卒業生の声 2012
 
2013年度大学案内より
大切なことは謙虚であること。聞く力の大切さ。
阿佐慶 涼子
阿佐慶 涼子
英語科 1986年卒業/那覇高校出身/マスコミ業

キリ短時代、印象に残っていることは授業登録です。自分の受けたい先生の授業に皆集中するので学びと学生生活を充実させる為、最初の登録は競争でしたね。授業では、もちろんオーラルイングリッシュや英作文が今でも印象に残っています。現職種であるアナウンサーに対しては、小学校の頃から漠然とした憧れを抱いていました。キリ短時代にたまたまご縁があり、ラジオ沖縄でパーソナリティーのアシスタントのお仕事をさせていただいたことが始まりとなりました。その後、放送の仕事に携わりたいという想いが強くなり、たまたま卒業年次に弊社のアナウンサー募集があり入社を経て、現在にいたります。 「TVに出ている」ということは、もしかしたら伝わり方が一方的になってしまうこともあるかもしれない。取材を受けて頂ける相手やTVを見てくださる方へも、常に謙虚な気持ちを持って接するように意識しています。喋ることが仕事なのですが、喋りが上手ければいいという訳ではなく何よりも聞く力が求められます。代弁者として、いかに相手の気持ちを引き出すことができるか?が大切です。
現在は部長待遇の立場で業務にあたりますが、アナウンサーのローテーション管理を行いながらもニュースも読み、報道部の取材、曜日によっては今日のニュースを選定、構成し、イベントの司会まで、全体を見ながら幅広く話す仕事を続けさせていただいています。日本語は一つのテーマを表現するにも何人かいれば変わってきます。各局で同じニュースを扱うにしても取材者によって見え方や印象は変わってくるので、常に自分自身でよりよい表現はないか?を意識しなければなりません。表現力は、本を読んだりTVを見たり自分の知らない様々な情報を吸収することで身に付けることが大切です。 学生の皆様には、学生時代からいろんな人と関わってほしいと思います。そして、友人、家族、先生、周りの人に助けられて自分がいるということを感じてください。それには自分が心を開き相手に興味を持つことが大切です。今この人がどういう環境にいるのか、想いを馳せることで求めていることも感じ自分自身の視野も広げることができると思います。

長い目で人生設計ができる、女性としてもずっと続けて行ける仕事。
玉橋 江利香
玉橋 江利香
英語科 2006年卒業/中部商業高校出身/金融業

「生きていく上で金融を知っていれば自分の糧となる」という、在学中の漠然とした金融関係の仕事への興味と憧れが入社の動機でした。また、大和証券のOBでもある高崎先生の講義を受けたことも影響しています。お客様の資産を株、投資信託、年金保険などの商品を通して運用していく証券会社。入社後は、知識も経験も無いままで全てが勉強からのスタートで、周りを見る余裕もないくらい必死でした。3年目を過ぎる頃から後輩へも教える立場となり、お客様とのコミュニケーションにもゆとりが出てきました。現在、6年目を迎えますがこの春には育児休暇に入ります。会社としても、家庭を持ちながら働くことを支援してくれているので長い目で人生設計をさせていただける、また、女性としてずっと続けられる仕事だということに感謝しています。キリ短時代で印象に残っていることは、副会長をしていた学生会での活動です。特に一大イベントである学園祭は、みんなで協力して作り上げるという協調性が社会に出た後もチームとして動いていくので基礎として繋がっています。興味があれば、とにかくチャレンジしていくことが大切だと思います。

挑戦することの素晴らしさを学ばさせてくれたキリ短。
渡具知 雅子
渡具知 雅子
英語科 2006年卒業/那覇高校出身/航空業

「青春に失敗など無い。青春の失敗とは、失敗を恐れて挑戦しないこと」学生時代からの私のモットーです。一度は諦めていた客室乗務員への夢。卒業後、ホテル業、沖縄観光PR大使を経て、夢を叶えることができました。挑戦することの素晴らしさを学ばさせてくれたのはキリ短です。学生生活は青春そのものでした。ダンスサークルに所属し、友人とイベントを創ったり、国際交流サークルでは、留学生と交流をしたり。授業で英語を学ぶだけでなく幅広い分野に充実した環境があると共に、先生方と近い分、気軽に支援してくださるので、自由に挑戦させてもらえる校風がありました。夢の舞台に立った現在でも、挑戦は続いています。客室乗務員は、華やかなイメージがありますが、お客様の命を預かる保安要員として大きな責任を持って安全運航をサービスとして提供する仕事。また、緊張や不安をお客様に感じさせることなくサービスを行う凛とした姿勢がその人を一層、輝かせる仕事です。地元の航空会社で働ける喜びを噛み締め、素晴らしい先輩方に学びながら、七転び八起きで、一日も早く成長するために日々を歩んでいます。