卒業研究

自分の関心に沿ったテーマを担当教員と共に深め、大学生活で独自に研究してきたことの集大成である卒業研究へとつなげていきます。

卒業研究とは、大学4年間における学習の総決算ともいえるもので、 アカデミック・アドバイザーと一緒に1年間みっちり調査や研究を行うカリキュラムです。 大学院進学を目指す人にとっても、社会に飛び出し就職したい人にとっても、卒業するための重要なステップです。 アドバイザーの先生と話し合いながら、数多くのトピックや課題を研究テーマに選ぶことができます。

ゼミ紹介

My own area of specialty is English Language Teaching, in particular Task-based Language Teaching (TBLT) and materials writing.

私の専門領域は英語教授法で、特にタスク活動をとおした英語教授法(TBLT)と教材開発を専門としています。

 

29_seminar_valvona

Christopher Valvona 教授

The students in my ZEMI research various topics. Many are connected to English education, but social media, transport infrastructure, fashion, and many others have also been covered.
One of the main features of this ZEMI is that it is all in English. I tend to have small groups, so the atmosphere is always relaxed and friendly.
Students develop deeper understanding through their research and writing. My role is to provide students with the tools to gather information and knowledge by themselves, and to point students in the right direction when they need help and support.

私のゼミでは様々なトピックを研究しています。多くは英語教育に関わることですが、ソーシャルメディアや 交通インフラ、ファッション等についても扱っています。ゼミ活動はすべて英語で行うことも特徴の一つです。 ゼミは少人数で、いつもリラックスした楽しい雰囲気で進めています。学生は、調査研究、執筆を通して 知識や理解を深めていきます。自主性を大事にし、私の役目は、学生の皆さんに情報や知識を集める方法を 提供し、助けが必要な時に、正しい方向を示し、サポートすることだと考えています。

 

29_seminar_valvona02 29_seminar_valvona01

 
授賞式に出席したChristopher Valvona教授(右)とBENEVIDES, Marcos R講師

授賞式に出席したChristopher Valvona教授(右)とBENEVIDES, Marcos R講師

Christopher Valvona教授が出版した英語の教科書「Widgets Inc.」が英国国際文化交流機関BRITISH COUNCIL(ブリティッシュ・カウンシル)主催2019年度革新的語学教育賞「革新優秀教材・カリキュラム」部門の最優秀賞を受賞しました。

 

 

県内外や海外を調査対象に観光ビジネス経営研究を行います。

29_seminar_uechi

上地 恵龍 教授

上地ゼミの専門分野は観光ビジネス経営。どうすれば観光地や観光施設の利用者の満足度を上げられるのか、どうすればその施設の社員のモチベーションを高められるのか、いわゆるCS(顧客満足)、ES(従業員満足)の研究をしています。

 29_seminar_uechi05

 
上地 恵龍 教授

上地 恵龍 教授

上地恵龍 教授が、令和元年沖縄県観光功労者として表彰されました。

 

 
上地ゼミ生の声

実践型プロジェクトの研究が貴重な経験になり成長できました。

29_seminar_uechi01

荷川取 優梨

英語コミュニケーション学科 2019年3月卒業|浦添商業高校出身

上地ゼミでは企業・行政・地域と連携し、学生ならではの発想や調査分析によって、提案力を高める実践型プロジェクトの研究をしています。さまざまな調査研究活動を行っていく中で、たくさんの人達と出会い、貴重な学びの機会を得ました。特に関連企業団体の方々をお招きしたプレゼン報告会は私を成長させてくれました。卒業する今、上地ゼミで最も充実した学生生活を過ごすことができたと感じています。

 

ゼミで学んだ社会人基礎能力はこれからの糧になります。

29_seminar_uechi02

平良 彩里

英語コミュニケーション学科 4年次|首里高校出身

グループ活動が中心の上地ゼミでは、プレゼンや報告書をこなしながらメンバーのチームワークが高まりました。また、情報収集後の整理方法を学ぶこともできました。ゼミ活動を通じて様々な企業の方々にお会いする機会もたくさんあり、社会人としてのマナーも勉強させていただきました。私はゼミ長を務めており、皆をまとめることを始め、全体の学習スケジュール調整などの仕事もしています。とてもやりがいのあるゼミで、社会人基礎力も鍛えられています。

 

主な卒業研究テーマ(2018)

■日本人留学生が経験するカルチャーショックの問題 ■ウチナータイムに関する実態調査 ■現代人のコミュニケーション―コミ障を悩む世代― ■東京ディズニーリゾートのリピーターを生み出す秘密―パレードからの分析― ■沖縄の子どもの貧困―未来につなぐ子どものライフチャンス― ■沖縄戦を語り継ぐための取り組みについて ■県内大学の教員養成課程におけるLGBT教育 ■言語学習が脳とメンタルに与える影響 ■日本の高校野球に必要な指導法―ドミニカと大阪桐蔭から学ぶ― ■英語と日本語、うちなー口の対照研究について ■接客における異文化比較について―日本と海外のサービスの比較分析― ■The Relationship between Parenting Styles and Children’s Self-Esteem ■Happiness: A comparative study of factors influencing in Japan a nd the Phillipines ■Social Media: Does social media have a bad influence on people? ■なぜ東京ディズニーリゾートは人気なのか―ディズニーのホスピタリティを学生の観点から―(シニアプロジェクト) ■韓国社会のもつ「対日」感情について ■韓流ブームと日本■日本におけるLGBTQへの理解の現状―杉田水脈発言の背景をさぐりつつ― ■沖縄の人の名前と時代の関係―名前を通してみる沖縄― ■演劇的アプローチによる平和ガイドの提案■世界の児童労働とフェアトレード ■日本の性教育―日本と他国の性教育の比較― ■ブラックバイトに漬け込む学生の現状 ■沖縄の子どもの貧困と学力の関係性について

 PAGE TOP