【保育科】2年間の学び

実習 ~学びの実践の場~

保育士資格、幼稚園教諭免許を取得するための現場実習

p47_1p47_2

 
実習は学びの要です。ひとつ実習を終える毎に学生は成長します。 資格・免許必修の実習はもちろんですが、キリ短保育科ではその前後に、卒業必修実習として、大学施設を開放して地域の親子支援を行い、かつ地域のさまざまな保育現場に出て視野を広げ体験不足を補っています。 資格・免許必修の実習は「施設実習Ⅰ」「保育所実習Ⅰ」「幼稚園教育実習」「保育所実習Ⅱもしくは施設実習Ⅱ」の順で実施していきます。 施設から実習を始めることによって、学生たちは、保育所・幼稚園においても、子どもたちの家庭的な背景や障碍ゆえの特性について敏感さを保ち、集団の中で個を大切にする態度が養われていきます。 自由選択実習の「海外幼児教育研修」では国際比較の視点を体得できます。

保育所実習

保育現場での実習を通し、多様化する保育ニーズに応える保育所の機能を理解するとともに、子どもの発達、保育内容、保育士の役割等について学びます。また、これまでに学んだ理論が実践の場で、いかに具体化、総合されるかを知り、さらに学習目標を見い出して将来の保育者としての自覚を促します。

施設実習

施設実習では、基本的生活習慣の指導法や利用者との信頼関係の築きかた等について体験的に学習するとともに、施設における保育士の役割と他の専門職員を含むチームワークのあり方を学びます。「施設実習Ⅰ」では居住型児童福祉施設等および障碍児通所施設で、「施設実習Ⅱ」は広く社会福祉施設で実習します。

教育実習(幼稚園)

学で学んだ専門的知識や技術を実習生活で実践することによって、保育者としての資質、能力、技能を修得します。また、社会のニーズに応じた幼稚園教育の在り方や幼稚園の役割を理解します。さらに、子どもの発達の連続性や学びの連続性を意識しながら、保育をするということ、保育者の役割や仕事内容を理解し、保育者として必要な能力を養います。

特色のある科目

キリスト教保育

聖書にえがかれる人間観や子ども観にふれ、キリスト教保育の根幹である「共生」の視点を理解するカリキュラムです。また、保育において重要な部分を占める「子ども礼拝」「保育行事」について、基礎的な事項を学ぶとともに実践に役立つ知識を習得します。

海外幼児教育研究

幼児教育の世界的動向や実践方法について学び、日本における幼児教育や保育実践を客観的に見る目を養います。また、自己の文化理解を深め、実践において活用できる教材開発も行います。

海外幼児教育研修

ハワイ大学カウアイ・コミュニティ・カレッジ(ハワイ州カウアイ島)において、研修生用に開設された講義を受講するとともに、就学前の乳幼児や保護者等を対象とした移動幼児教育プログラム「Tutu & Me」やハワイ語イマージョン教育施設「Punana Leo」にて参観実習を行います。 これらの実習をとおして、日本および沖縄の保育・幼児教育を客観的に観る視点を養います。(研修期間2週間)

幼児の生活

子ども自身が、人間として生きる力の基礎を育むための指導者としての在り方を学びます。 また、社会人としてのマナー・保育者としての技能・子どもの生活技能などについて理論や実技等事例を通して学んでいきます。

飼育栽培

飼育栽培を行うことによって自然と親しみ、生き物の「命」の大切さ、不思議さについて学びます。 保育活動の中で日常化されている飼育栽培の基本について学び、実践し習得します。

保育メディア研究

保育園や幼稚園では、子どもたちの視覚に訴える様々な表示や、子どもたちの園生活の様子、研究発表等のプレゼンテーション、絵本作成など、情報活用技術が不可欠なスキルといえます。このカリキュラムでは、保育教材の制作や情報機器の効果的な使い方などを学びます。

キリ短保育科独自の取り組み

地域子育て支援実習「ワイワイプラザinキリ短」

p48_1
保育科の学生達を中心に親子とのふれあいを目的にした事業です。毎回、おもちゃ作りやおかし作り、昔からある伝統あそびなどを通して、親同士・子ども同士のふれあいの場を演出しています。学生にとって、授業で学んだ技術の実践の場であり、地域貢献の場でもあります。
 

保育科の教材開発

h_48_03-300x150
保育科では子どもたちの発達を促す為のさまざまなアイディアを研究制作しています。ポイントは五感を使った自発的な学びをひきだすこと。現場でも実際に使えること。学生による手作りの作品の一部を紹介します。
 

海外幼児教育研修

p48_2p48_3p48_4

 
海外の幼児教育の施設見学として、ハワイ独自の言語を守るためハワイ語でイマージョン教育を行う教育施設を訪問します。他にも、協定校ハワイ大学・カウアイ・コミュニティ・カレッジ(カウアイ島)にて、現地学生との交流や、伝統文化を学びます。2泊3日のホームステイやフィールドワークを通して、ハワイの温かいホスピタリティを体験する約2週間のプログラムです。

学生の声

冨里 聖花

p47_3

保育科 2年次 | 西原高校出身
プロフェッショナルとしての力を育む個性豊かなカリキュラムが大きな魅力です。
感性と表現力が磨かれる「音楽表現指導法(リトミック)」や、保育現場で役立つ教材作りをする「視聴覚教育」、また、子どもが描いた絵を理解するなど、保育のプロフェッショナルとしての技法を学ぶ「造形指導法」、キリスト教の教えに基づいた奉仕の精神を養う「キリスト教学」など、本学では個性豊かなカリキュラムで保育者としての力を育てることができます。1月の「地域子育て支援実習」では先輩と後輩が協力して工夫いっぱいのイベントを開催しました。将来は子どもと保護者の支援を第一に考え、地域全体で子育てができる“街づくり”を目指せる力を身につけたいです。
 
伊禮 諒

p48_5

保育科 2年次 | 前原高校出身
知識や技術はもちろん、保育者としての「心」を培うカリキュラムが揃っています。
保育科には、国際交流で視野を広げる「海外幼児教育研究」や植物の栽培及び動物の飼育を通して命の大切さを学ぶ「飼育栽培」、イベント形式で親子支援の理解へと繋げる「地域子育て支援実習」といった個性豊かな科目がたくさんあり、知識や技術はもちろん、保育者としての心や責任感を育てるカリキュラムが多いのが特徴です。プレゼンテーション力や協調性が求められるグループワークも多く、保育の現場で役立つ力が培われます。将来は本学で学んだ豊富な知識と感性を活かし、親と子の間に多くの笑顔を届けられる保育士を目指したいと思います。

 PAGE TOP