保育科 三つのポリシー

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

  1. 他者と異文化への理解を深め、子どもに仕え、平和でよりよい保育環境を実現するための知識と技能を身につける。
  2. 幅広い教養教育と専門科目を通して思考力・判断力・表現力を身につける。
  3. 保育者としての豊かな感性を身につけ、自らを律して、主体的に保育を実践する態度を追求する。
  4. 学則に定める修業年限を満たし、卒業に要する所定の単位数を修得した者に対し、短期大学士(保育)の学位を授与する。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

  1. 教養科目では、キリスト教学をはじめ、幅広い共通教養科目を配置する。
  2. 保育科専門科目では、基礎理論に関する科目、対象の理解に関する科目、内容・方法に関する科目、表現技術に関する科目および実習に関する科目等を配置する。
  3. 二年間で保育士資格、幼稚園教諭二種免許状および社会福祉主事任用資格の取得が可能なカリキュラムを編成する。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー) 

  1. 子どもが好きで、子どもと共に生きることを考え、子どもと一緒に自身の感情を豊かに表現することのできる者。
  2. 基礎的な学力を備え、保育の理論と実践を深く学ぶ意欲のある者。
  3. 主体的に周囲と関わることができ、奉仕の精神を持って家庭や地域社会の保育課題解決に意欲のある者。

 PAGE TOP