留学制度

在学中に海外教育機関に留学する場合、本学では、休学して留学する「休学留学」に加え、「在学留学特別奨学生(選考あり)」として留学する選択肢があります。
・「休学留学」を利用する場合=休学した本学学期の分、卒業が遅れます。
・「在学留学特別奨学生」として利用する場合=留学期間中も在学中として取り扱われるので、年限(短大=2年、四大=4年)を遅れることなく卒業できます。加えて係る期間の本学学費相当額は奨学金として振替えられます。
また、海外協定校等へ留学する場合、「正規留学派遣奨学金制度」に応募可能となり、採用となった場合は所定の奨学金が支給されます(在学留学・休学留学いずれも応募可能)。

名  称 在学留学 休学留学
手続窓口 国際平和文化交流センター 教務課
留学中の身分 留 学
(在籍期間に含まれる)
休 学
(在籍期間に含まれない)
留学期間 3ヵ月以上1年以内(12ヵ月未満)
原則、半年間(3ヵ月以上6ヵ月未満の留学)
原則として最長2年間連続して
休学することが可能
手 数 料 半年 ・ 1年間いずれの場合でも
¥20,000
¥30,000/半年
単位認定 有り
(帰国後申請)
有り
(帰国後申請)
備  考 短大なら2年間、四大なら4年間での
卒業が見込めます。

※在学留学が可能な期間は、本学における1学期(前期または後期の半年間)ですが、海外協定校等に留学する場合は、継続申請が可能で、最大2学期(1年間)の在学留学が達成できます。
※入学学期、卒業学期は本学で受講する必要があるので、係る学期に留学はできません。
※キリ学(四大)においては、3年次以上から留学する場合、履修状況によっては、単位不足となり、卒業延期となる場合があります。また英語圏以外の国へ留学する場合、保育科学生が留学する場合等、事前に教務課への確認が求められます。

 

 PAGE TOP