教員一覧

沖縄キリスト教短期大学

学長 友利 廣学長 友利 廣
筑波大学大学院 経済学修士


上地 恵龍副学長
特任教授 上地 恵龍
琉球大学法文学部 商学科(商学士)
専攻は観光経営です。国内、海外各地で観光現場の仕事に携わってきた私が沖縄という可能性に満ちたリゾート地で、観光と経営の視点から追求し新たなビジネスを創出する人材を育成します。
 
 

英語科

作田 真由子教授 作田 真由子
京都大学大学院 英文学修士
英語を自由に読み、書き、聞き、話せるようになると世界が広がります。大学ならではのアカデミックな環境の中で、自分の頭で考え、判断できる力を身につけ、現代世界で生きていく力を養ってください。

内間 清晴教授 内間 清晴
琉球大学大学院 博士(理学)
2年間で、社会の様々な問題に意識を持って欲しいと思います。この短大で学んだ事を活かして、自ら考え、判断し、行動できる人材へと成長して欲しいと思っています。

上原 明子教授 上原 明子
東京外国語大学大学院 修士(文学)
私の教育と研究分野は、豊かな思考や感性を磨くための言語教育です。言葉の豊かな人は、世界を細やかにみることができます。学生時代に、ぜひ、読書力も鍛えてください。

浜川 仁【短期大学部長】
教授 浜川 仁
南イリノイ大学大学院(米国) 修士(英文学)
発明王エジソンは「天才は1パーセントのひらめきと99パーセントの努力である」といったとか。英語のスキル上達は、とくにそうじゃないかと思うのです。

Michael Bradley教授 Michael Bradley
MSc in Applied Linguistics,University of Edinburgh(英国)
I believe that we learn through doing, and the most effective way to learn another language is by trying to communicate in that language, even before we have fully mastered its grammar or vocabulary. To this end, I use a lot of role plays, simulations and information gap activities in my classes.

Shogo Yanagida【英語科長】
准教授 Shogo Yanagida
メリーランド大学院(米国) カウンセリング修士
短期・長期の明確な目標を設定し、他人と比較せず、自分のペースで立てた目標を実現していきましょう。コツコツ積み重ねていく努力が必要です。

仲座 栄利子准教授 仲座 栄利子
フロリダ州立大学院(米国) 国際開発教育修士
英語で書かれた読み物にたくさん触れていきます。英語漬けの日々が待っていますが、楽しくいろんなことに興味を持ち、語学習得のための4技能を磨いていきましょう。

スミス 陽子特任講師 スミス 陽子
サンフランシスコ大学大学院(米国) 博士(教育)
Put God First!~神を最優先!「神なき知育は知恵ある悪魔をつくることなり」という言葉があります。英語だけでなく、神様の教えも得て、英語圏の文化など真の意味を理解し楽しみましょう!

戸崎 肇客員教授 戸崎 肇
元日本航空
首都大学東京特任教授

Pioneer:常に先駆者であれ!新しい領域に積極的にトライしていこう!未来は私たちが創造していくのだ!

愛甲 香織客員教授 愛甲 香織
元日本航空 乗務経験29年
東京・中国・台湾で教育事業展開

今でも自分の軸になっているものがJAL philosophyです。将来どうなりたいのか、そのために今できることは何か。自分が成長するために大切な意識、行動、価値観を考えてみませんか?

保育科

照屋 建太教授 照屋 建太
鹿児島大学大学院 博士(農学)
大学では、保育環境を中心に講義を行います。みなさんが、楽しみながら学べるように講義を行います。講義では、私から質問等をたくさんします。遠慮なく発言してください。

大城 りえ教授 大城 りえ
琉球大学大学院 教育学修士
あなたは、どんな先生・どんな人になりたいと考えていますか?子どもについて学ぶ中で、あなた自身がどんな風に成長していくのか楽しみです。出会えることを待っています。

赤嶺 優子教授 赤嶺 優子
琉球大学大学院 教育学修士
保育の学びは奥が深いのですが、それだけにやりがいのある仕事です。子どもの成長には、なんとも言えない素晴らしい発達があります。その素晴らしい仕事に携わる一人として、学びを深め、大いに大学生活を満喫させましょう。

糸洲 理子准教授 糸洲 理子
聖和大学大学院 修士(教育学)
乳幼児期の子どもの育ちは豊かで興味深く、保育の学びは、ますますおもしろくなります。現在は、「子どもの心と身体が健やかに育つには何が必要か?」について研究しています。

佐久本 邦華【保育科長】
准教授 佐久本 邦華
Chelsea College of Art and Design(英国) 美術修士
月桃、ヨモギ、ふくぎ、赤土など、沖縄の自然素材を取り入れた造形教材をとおして、幼児の感性を刺激し、「想像力」と「創造力」を伸ばせるような造形教育について考えます。

宮平 隆央講師 宮平 隆央
琉球大学大学院 修士(社会学)
子どもとの関りは毎日がRPGのようです。子どもとのいろんな経験が、目の前の世界を少しずつ広げてくれます。短大での学びが、あなたと子どもたちの世界を豊かにすることを願っています。

仲松 あかり助教 仲松 あかり
武蔵野音楽大学大学院 修士(音楽)
「音楽を身体で感じ、考え、表現する」リトミックや、ピアノ・歌唱・音楽理論を学びます。これらの学習をとおして、皆さんにも子どもにも笑顔が増えることを願います。

山城 眞紀子特任教授 山城 眞紀子
琉球大学大学院 教育学学士
元気(Pep)から発散される笑顔が一番!元気いっぱいの子どもたちは、保育者の笑顔が大好きです。幼児体育では、子どもたちと保育者のからだとこころの”元気”を探検していきます。

山盛 淳子特任教授 山盛 淳子
琉球大学教育学部 学士
乳幼児期の言葉は特別な指導をしなくても自然に発達しています。保育者の存在が大きく関わっているのです。わらべ歌、昔話も学びながら、子どもが言葉を育んでいく環境を共に創造しましょう。

PAGE TOP