OB・OGメッセージ 保育科

実技試験があったので事前練習に励みました。

比嘉 江利佳

比嘉 江利佳

保育科 2017年3月卒業/南風原高校出身

県内<私立幼稚園>

実習や課題がある中、並行して就職活動をするのは大変でしたが、その分鍛えられました。幼稚園の採用試験には、ピアノの演奏や一般常識などの筆記試験、作文などもあったので、時間をやり繰りし練習を重ねました。事前に対策したことで自信を持って試験に臨むことができました。

 

豊かな自然に囲まれた理想的な保育園です。

大嶺 泰史

大嶺 泰史

保育科 2017年3月卒業/沖縄尚学高校出身

県内<私立幼稚園>

私は、『保育園の方針』に共感できるかを第一に就職活動を行っていました。合同説明会に参加し、気になった園へは直接足を運び見学しました。その結果、私が理想とする自然豊かな環境下で、子どもたちと同じ目線で関わることができる保育園に出会い、内定をいただきました。

 

公務員講座の受講やピアノの実践力向上など、目標に向かって一つずつ努力を重ねてきました。

安里 菜央

安里 菜央

保育科 2016年3月卒業/普天間高校出身

県内<公立保育所>

幼い頃に出会った先生が大好きで、昔から「幼稚園の先生」になることが私の夢でした。
1年次より公務員講座を受講し、公立の保育所・幼稚園を目標に努力してきました。また、小学校の頃から習ってきたピアノも、新たに弾き歌いなどにチャレンジし、保育の現場で活かせる技術と実践力を磨きました。
 私の場合、採用試験と実習が同じ時期に重なり大変でしたが、その分集中して今の自分とその先の夢に向き合うことができました。採用までには筆記試験に加え集団討論や個人面接などがあり、幅広い知識や分析力、洞察力などが求められました。春からは子どもたちから慕われる幼稚園教諭を目指します!

 

学生会の活動でコミュニケーション能力が向上!理想の保育を目指して積極的に就活に臨みました。

諸見里 啓永

諸見里 啓永

保育科 2016年3月卒業/知念高校出身
県内<私立保育園>

私は学生会に所属し、学校行事の企画・運営に携わってきました。課題や実習と並行するのは大変でしたが、その分達成感も大きかったです。真摯な対話とコミュニケーション無くしてはどの行事も成功しなかったと思います。学生会で経験を積むことでコミュニケーション能力が向上し、一回り成長できました。
就職活動では、まず合同説明会に参加し、気になる保育園に連絡を取って園見学に行くなど自発的に行動しました。もともと、自然の中で子どもが元気よく走り回わっているようなのびのびとした保育が理想なのですが、春からは思い描いていた環境で「保育園のせんせい」として新たなスタートを切ります!

 

2年間の学びを修めて取得した資格を活かし、信頼される保育士として成長し続けたいです。

仲本愛美

仲本 愛美

保育科 2015年3月卒業/コザ高校出身
県内<私立保育園>

幼い頃に保育園の先生に憧れを持って以来、ずっと保育士になる夢を追いかけてきました。本学では、保育の専門知識を身につけられる講義や保育技術を実践的に学べる授業が豊富に揃っています。また、私は1年次にハワイで行う「海外幼児教育研修」に参加し、異文化にふれることでたくさんの刺激を受けました。春からは就職先で、2年間の貴重な経験と取得資格を活かし、信頼される保育士として成長できるよう頑張ります!

 

子どもと向き合い、保護者支援を大切にする“幼稚園の先生”を目指して頑張ります!

外間里菜

外間 里菜

保育科 2015年3月卒業/浦添高校出身
県内<私立幼稚園>

入学時は保育士を希望していましたが、幼稚園実習の際に園特有の方針や一人担任制に惹かれ、実習後は幼稚園教諭を目指すようになりました。実習前は子どもたちのために視聴覚教材を数多く制作するよう心がけました。目をキラキラさせて「先生すごい」「もう一回見たい!」と笑う子どもたちの姿が今も忘れられません。春からは、キリ短で学んだことを活かして子どもたちと向き合い、保護者支援を大切にする“幼稚園の先生”を目指します。

 

ボランティアサークルで培った思いが今も私の「原動力」になっています。

知名ひびき

知名 ひびき

保育科 2014年3月卒業/具志川高校出身
県内<公立幼稚園 >

昨年より幼稚園教諭としてクラス担任をしており、子どもの個性や知性を育む「遊び」を大切にした幼児教育を実践しています。キリ短在学中、私は奉仕活動を行うボランティアサークルに所属し、月1回の病院訪問で筋ジストロフィーの方々と交流を重ねました。また、2泊3日の小児糖尿病サマーキャンプのボランティアに参加するなど積極的に活動し、様々な人々と心を通わせることができました。サークル活動を通して視野が広がり、他者への思いやりを育むことができたと思います。いくつもの出会いや交流で得た喜び・感動は、社会に出た今も私の原動力であり、子どもたちを見守る際の指針となっています。